スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内房でいろいろ釣れた

2005-10-30

千葉県の内房にある某漁港で色々釣ってきました。
内房での釣り4

アイナメ。
ゴゴゴン!という感じの力強いアタリが魅力です。
25センチくらいのサイズでした。
内房での釣り2


ベラとウミタナゴ
この日はウミタナゴがたくさん釣れました。
内房での釣り3


ベラの顔
鮮やかな色をしています。
内房での釣り5


こちらはアナハゼ
この漁港に行くとよく釣れる魚です。
岩場の隙間に生息しているようです。
内房での釣り

朝早くから頑張ったかいがありました( ^ω^)

スポンサーサイト

お香セットをもらった

2005-10-19

仕事探しのため派遣会社に登録していたところ、
登録者の中から抽選で当たったとのことで、
お茶の香りのするお香セットが郵送で送られてきました。
お香セット


こちらは特にキャンペーンに応募していたわけではなく、登録しているだけで自動的に抽選対象になっていたようです。
もらえるものなら何でも嬉しいけど、欲を言えば食べ物が良かったかな(;^ω^)

お香を試しに焚いてみたけど、結構香りが強いですね。
入っていたのはお香と、お香立ての小さいお皿、キャンドル、アロマポット、キャンドル入れ、あとお茶の色素で染めたというキレイなグリーンのハンドタオルが2枚入っていました。

結構色々入っていて嬉しかったです。
派遣会社さん、有難うございました。
でも、普段お香を焚く習慣が無いので、
あまり使っていません(;^ω^)
(タオルだけはよく使わせて頂いてます。)

ちなみに、派遣のお仕事はご縁が無かったのか、何件も受けたんですがお仕事は見つかりませんでした( ´ω`)
近所のパートでお仕事が見つかったので、そちらのほうで働かせて頂いてます。
派遣のお仕事も経験してみたかったな…。

食材をタダで手に入れる(アナジャコ編)

2005-10-15

タダで利用できるものは何でも利用してしまおうというのが
管理人のスタンスです。

今回は、タダで食材を入手する方法をご紹介します。
ターゲットは、「アナジャコ」です。
アナジャコとは、干潟に生息する
ヤドカリの仲間だそうです。
汚れた海水をキレイにしてくれる、
生態系にとっては大切な存在のようです。
アナジャコを獲りに行ったのは江戸川放水路。
放水路の河口付近がちょっとした干潟になっていて、
そこに無数の穴が開いています。
直径3センチくらいの穴でしょうか。
この穴が、アナジャコの巣なのです。
その穴の中に、習字用の「筆」を差し込みます。
しばらくすると、筆がズズズズズッと上に上がってきます!
その筆を、そーっと持ち上げると、
アナジャコが筆の毛先をはさみでしっかりはさんでいます。
すかさず、片手でそのはさみを押さえつけ、
もう片方の手で砂を掘って、
アナジャコを穴から掘り出せば、捕まえる事が出来ます。
私はなかなか捕まえる事が出来ませんでした。
タイミングが合わないとすぐ
穴の奥へひっこんでしまいます( ´Д`)

こちらが獲れたアナジャコたち
食材調達2

ガサゴソガサゴソと水の中で動き回っています。
見た目ザリガニっぽい形をしています。大きさもザリガニくらいです。
これは、砂の中から出てきた巨大なシジミ。
オキシジミと言うそうです。
これも汁物に利用したいと思います。
食材調達

さっそく調理開始!
できあがったのがこちら。
食材調達3

手前がアナジャコとオキシジミのスープ。
味付けはトムヤムクンの素があったのでそれを使用。
トムヤムクンならぬ、トムヤムアナジャコです。
奥にあるのがアナジャコの天ぷら。サクサクに揚がっています。

気になるアナジャコのお味ですが、
う~ん…。
まずくはないけど、ちょっと味がうすいかな?(;^ω^)
身も少ないし、ちょっと物足りないかもしれないですね…。
でも、殻ごと食べればカルシウムの補給にはなりそうです。
この日の夕食は、お米とスープの素以外は
タダで済みました!

※アナジャコは海水をキレイにしてくれる生き物なので、乱獲はやめましょう。



須原屋でイイダコ釣り

2005-10-08

須原屋という釣り船屋さんで、
イイダコとハゼ釣りに行きました。
須原屋は東京都江戸川区の葛西にあります。
出船は朝の7:00なので、少し早起きして出かけます。
前日はワクワクしすぎて一時間ほどしか眠れず・・・。
しかし、この睡眠不足がのちに悲劇を生むことになるとは
思いもよらず(´Д`lll)

イイダコ釣りは一人当たり、男性が9000円、
女性が7500円ほどの料金となっています。
船内では食べ物や飲み物は販売していないので、
あらかじめ用意して行きましょう。
トイレは船内にあるので女性でも安心です。
朝のさわやかな空気の中、旧江戸川を進み
やがて東京湾に入ります。
湾内に出ると波がだんだんと強くなって行きます。
と、ここで私の体調に異変が・・・。

前日の睡眠不足のせいで、
猛烈な船酔いが襲ってきました。
今までの人生で経験したことの無いような
激しい酔い方です。
こちらがどんなに具合が悪かろうと、
波は手加減してくれるはずも無く、
強烈なゆさぶりを容赦なくかけてきます。
私はすっかり参ってしまい、
ぐったりと座り込んでいました。

やがて、イイダコのポイントに到着。
イイダコを釣るための仕掛けはラッキョウです。
ラッキョウの先に釣り針がついています。
イイダコはどうやら白いものに興味を示して
抱きつく性質があるようで、
その習性を利用した釣り方のようです。
しかけを投入して数分後、
なんとなく竿が重いような・・・。
あげてみると、手のひらにちょこんと乗るような
かわいいサイズのタコがひっかかっていました。
イイダコとは小型のタコなんですね!かわいい~( *´Д`)

この日はイイダコは不調のようで、
トータルで10匹程度しか釣れませんでした。
多いときは何十匹も釣れるようです。
午後はポイントを移動してハゼ釣りをしました。
ハゼは絶好調で、なんと60匹以上釣れました!
もう、仕掛けを落としたとたんにピピピンと
アタリが来る状態で、面白いくらい釣れました。

帰りも波がけっこう強く、
再び激しい船酔いに悩まされました(´Д`lll)
須原屋の船宿に帰ってきてから、
宿の方が釣り客たちのために、
温かいおでんを用意して待っていて下さったのですが、
船酔いがひどくて一口も食べられませんでした。
おでん食べたかったよ~。゚(゚´Д`゚)゚。

こちらがこの日釣れたイイダコ
須原屋釣り


こちらがハゼ。大漁です。
須原屋釣り2


イイダコは煮付けに、ハゼは天ぷらにして
美味しく頂きました。
せっかくたくさんハゼが釣れたので、
親戚にもおすそ分けしたらとても喜んでくれました。

プロフィール

もちまる

Author:もちまる
うさぎと暮らしています。
趣味:歩く事、温泉めぐり、
歩き回って安い商品を
見つけること。
かれこれ7年くらい
ウォーキングしてます。
<現在>
身長:154cm
体重:42kg
血液検査:異常なし
ウォーキングの効果が
出ているようです。
無理はしないで、コツコツと
続けて行きたいです。

カテゴリ
ブログランキングに参加中
良かったらクリックお願いします ↓
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
PR
ブログ広告ならブログ広告.com 無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
このブログ内で検索
おすすめ商品
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。